友情結婚相談所カラーズ 友情結婚に特化した
結婚相談所

“友情結婚”って言葉について

2016年も1ヶ月切りましたね!今日はカラーズのHPを改めて見直す機会があったのですが、打ち合わせの中で「そもそも友情結婚って言葉っていろんなお客様がいる中で当てはまる言葉なのか?」と疑問が出てきました。

結婚=恋愛結婚ってなってしまっているから、それに反して友情結婚という言葉ができたのだと思いますが、カラーズを開始していろんな人達を見てきて、この言葉あっているのか分からなくなってきました。

結婚って夫婦によっていろんな形があるのに、なぜか結婚はこう!という感じで、結婚イコール恋愛になってしまったのだと思うのですが、やはり結婚イコール恋愛だけではないですよね。

誰もが一度は聞いたことがあると思います。「恋愛と結婚は別」「恋人にする人と旦那さん(奥さん)は別」などの言葉。
なのに、なぜか恋愛結婚をしていない人達でも、結婚イコール恋愛という思い込みがあるのか不思議です。。。

まさに今結婚に対しての多様性が求められているのだと思います。

そして、私は約4年ぐらい前に”友情結婚”という言葉を知ったのですが、長く活動している方に聞いたら、おそらく20年前ぐらいからある言葉らしいです。
私は最初ネットだけの情報と、友情結婚をされていた数人の方の話を聞いて、友情結婚はlgbtの方の結婚と理解しました。ですが、実際カラーズを開始して約2年。友情結婚イコールこう言う人がこう言う結婚という定義があやふやになってきたと感じています。
なぜなら本当にいろんな方とお会いしたからです。
セクシャリティも多様、考え方もバックグラウンドも年齢も多様、希望する結婚の形も多様、相手に求める関係性も多様、、、、などなど全てにおいて一括りにできないです。

例えば、カラーズでご成婚された夫婦に2人はどんな関係性ですか?っていう質問に、

「友情結婚という名の通り友達のような関係です。」
と言われる方もいますし、

「セックスやキスなどの行為はしませんが、恋愛に近い関係です。」
と言われる方。

「兄弟みたいな、同志みたいな、」「共同経営者みたいな、」
と言われる夫婦。

それぞれですよね。先日成婚された皆様とお会いしてどんな結婚生活を送っているかも本当に様々。

と、言いたいことがまとまらないのですが、わざわざ”友情”って言葉をつけなくてもいいんじゃないか?と考えてしまった日でした。
何かマッチする言い方を考えられた方!是非ご連絡くださいませ!

入会相談ご予約の方に限り、入会費最大50%OFF! ※ 2017年11月30日(木)まで
入会費が今だけ 最大50%OFF!
※ 2017年11月30日(木)まで