友情結婚相談所カラーズ 友情結婚に特化した
結婚相談所

– 親愛に近い友情だと感じています

ご成婚者様 ご成婚月 お相手 結婚スタイル 入会から成婚の期間
女性:30代前半 2016年5月
(カラーズ6組目)
男性:30代後半 同居子供有 男性:4ヶ月
女性:4ヶ月

なぜ友情結婚活動をしようと思いましたか?

誰かと付き合っても恋愛結婚を思い描くことが出来ず、適齢期までに出産がしたくて、一般的な婚活をはじめてみても、「これではない」という気持ちが絶えずありました。そのため、自分が結婚や出産を望むこと自体が間違っているのかもしれないと、諦めかけていた頃に、友人から友情結婚活動の存在を教えてもらいました。
自分の性的指向にかかわらず、結婚や出産を望むことをごく自然と肯定して貰えた気がしたことと、恋愛結婚が難しい以上、条件的なことをきちんとすり合わせたいと思っていた中で、友情結婚の仕組は自分の考えと合っていると思ったことがきっかけです。

婚活にあたり、カラーズを選んだ理由は何ですか?

友情結婚活動の例してカラーズのウェブサイトを教えて貰ったため、それ以外のサービスは知りませんでいた。最初の相談(説明会)を経て、自分の目指したい結婚の形と合致していると思い、入会を決めました。

条件面の深い話し合いはどのように、そしてどんなタイミングでしましたか?

2回目の話し合いあたりで、大まかな条件面はすり合わせていたので、その時点でも大きな齟齬がないことは確認できましたが、実際に詳細を確認したのは、2ヶ月が経過し、8回目の話し合いを行った際に、話し合いシートを作成した時です。

お見合いから結婚を意識し始めたのはどのくらいですか?

並行して2人の方と会っていましたが、双方とも3回目の話し合いを過ぎたあたりで、1人に絞ったことで、少し結婚を意識しはじめました。また3ヶ月以内に12回会って判断すると決めていたので、半分の6回を過ぎた辺りから、本格的にこのまま結婚を決めるためには何を詰めれば良いのかと考えるようになりました。

結婚しようと思った決め手はなんですか?

特に異性に対して怒りっぽいということを自覚していたのですが、相手の方にはあまりイライラすることがなく、馬が合っているのではないかと思っていました。また、この方であれば、自分のみっともないところも受け入れてくれて、一緒に心地よく生活していけるのではないかと思ったことが決め手となりました。

友情結婚をする上で特に必要だと思うことはなんですか?

自分が相手の方と長きにわたって毎日一緒に生きていけるかをリアルに想像することです。そのために複数の方を比較検討したり、具体的な条件のすり合わせや、自分の譲れないことの整理をしっかりすることが大事だと思います。




お二人の関係は”友情”ですか?

親愛に近い友情だと感じています。




実際にカラーズで活動してご成婚までの感想をお聞かせください。

結婚も出産もしたいけどきっと無理だろうと思っていた自分が、入会から半年も経たないうちに成婚できたことに大変感謝しています。これまで、トラディショナルな紹介式のお見合いやSNS婚活、合コン等、様々な婚活をしてきましたが、どれもマネジメントやフォローアップをしてくれる体制が整っていないため、自分の気持ちを前に進めることができませんでした。
友情結婚というスタイルで、自分が結婚や出産を望むこともダメではないんだという肯定感を得られたことは大きな原動力となりましたが、その姿勢を後押しして、厳しく優しくアドバイスしてくれるカラーズの存在があったからこそ、結婚を決められたと感じています。
3ヶ月で12回という短期決戦の仕組も、お尻を叩かれないと動けない自分には合っていましたし、都度のアドバイスに加え、話し合いシートの存在や、ブライダルチェックの推奨、妊活座談会の開催等、婚活を進めるためのサポート体制もありがたかったです。きめ細かいサービスと丁寧なアドバイスはカラーズの強みだと思っています。改めてありがとうございました。

入会相談ご予約の方に限り、入会費最大50%OFF! 女性はさらにお得!※ 2017年8月31日(木)まで
入会費が今だけ 最大50%OFF!
女性はさらにお得!
※ 2017年8月31日(木)まで