いつセクシャリティに気づく?恋愛結婚をして気づく人も

今回は、友情結婚を希望するカラーズにご相談に来られるお客様は、自分のセクシャリティにいつ気づくのか?についてお話ししたいと思います。
セクシャリティに気づくというのより、「自分は一般的な異性愛者とは何か違うのかな?」と曖昧な気持ちから入って、迷っている段階や確信になっている(自認)人まで、入会相談では様々な人がご相談に来られます。本当に皆さんそれぞれなんですが、幾つか挙げたいと思います。

「好きになった人、気になる人が同性だった」

男性だとゲイ、女性だとレズビアンとなりますが、好きな人が異性ではなく同性っていうので他のセクシャリティと比較すると分かりやすいきっかけなのだと思います。

「好きだから付き合ったけど、性的なことができない・したくないと思った」

これはいろんなセクシャリティの方から聞きました。
・好きな異性と付き合っても、性的なことがどうしてもできない、したくない。
・付き合っている人に求められて性行為はできたけど、次からは逃げたいし好きの感情がなくなってしまった。
・ゲイだと思って男性と付き合ったけど性的欲求を抱かない
・レズビアンだと思って女性と付き合ったけど性的欲求を抱かない

「当たり前に恋人を作るもんだと付き合ってきたけど、誰と付き合っても恋愛感情が分からない」

人として好きだから付き合ったし、性行為もそんなに好きじゃないけど求められたら答えられる。でも相手の恋愛感情との温度差があり、その感情を返せなくてつらい、というようなことをおっしゃられる方は多いです。人間として尊敬する、という感情では恋愛はダメなのか?と悩まれる方も少なくありません。

「婚活をしたけど、異性として見られるのがどうしても無理」

今までちゃんと付き合った人がおらず、あんまり興味もなかった。でも結婚したいから婚活をしたけど、どうしても無理だ、と婚活をして初めて気づく方は特に女性は多いです。

「好きになる人は異性だけど、性的欲求対象者は同性かも」

心も体も男性で、好きになる人は女性だけど、女性には性的欲求は全然抱かず、性的対象は男性かもしれない?と思っている方
そしてその逆、心も体も女性で、好きになるのは男性、性的欲求は女性。

「結婚してから分かった」

セクシャリティに気づくのは人それぞれなので恋愛結婚してから気づく人もいます。
・性的なことが苦手だけど好きな人と結婚したら乗り越えられるんじゃないだろうか、と結婚するまでは性行為をしない約束をしていざ結婚。でも結婚してもできなかった、これから何回もすると思ったら無理だ、という方も。
・もしかしたら同性愛者かも?と思ってたけど同性と付き合いたいという気持ちもなく、普通に異性と結婚してからはっきり自分のセクシャリティに気づく方も。

 

まだまだきっかけはありますが、よく聞くポイントをご紹介しました。はっきりわかる人もいるし、そ〜なのかなぁ〜と曖昧な人も、段階もそれぞれですね。セクシャリティって多種多様で定義なんかないと私は思っています。実際に多くの人と話してきてそう感じています。
ただひとつ言えるのが、カラーズは性的関係を希望しないけど異性と結婚したいという人のための結婚相談所です。恋愛結婚に違和感がある方は、どうして違和感があるのか?では性的なことがない友情結婚だったら求めているものなのか?と考えていただければと思います。

代表中村
著者:代表中村
恋愛結婚に違和感がある皆様に、友情結婚が新たな選択肢になるよう日々情報を発信しています。少しでも興味がある方は一度ご相談にお越しください。

キーワード検索

カテゴリー検索

無料で相談無料で相談
まずは、
お気軽にご相談ください

無料相談では、当サービスのご説明とお客様のご要望をお伺い致します。また、ご入会後には無料相談への参加が必須です。スカイプ通話での相談も可能です。

9月30日(月)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約