友情結婚で後悔しない方法とは

友情結婚で後悔しない方法とは

本日は私が出会った友情結婚で離婚された人たちのお話や、友情結婚で後悔しないために話し合うべきことについてお話ししたいと思います。

カラーズはまだ2年目なので、一番長い結婚生活を送られている夫婦が1年で、カラーズご成婚夫婦はまだ誰も離婚はされていません。
しかし、3組に1組が離婚している日本なので、友情結婚も同じぐらいあっておかしくないです。
ただ、離婚理由を聞いて、勿体無い!と思うことが多いです。
ロールモデルもない時代に、誰にも相談せずに結婚を決め、数ヶ月後・数年後に離婚。などなど、、

離婚された方の共通点

離婚された方のお話を聞くと共通点があることがわかります。
それは、「全く条件の話し合いをされていない」ということです。

  • お金のこと
  • 譲れないこと
  • 大事にしたいこと
  • 親族のこと
  • 妊活のこと

などなど、条件の確認ができていないケースが多々あります。

特に子供が欲しい二人の場合、妊活について話し合うべきだと思います

確認すべき事柄・具体例

  • 子供を産める、産めないか?を最初にお互いがチェックすべきです。
  • いつから、何の方法で、費用がいくらかかり、何回行って、何回行って授からなかったらいつ違う方法にチェンジするか?
  • 教育について。私立にいれたい、公立がいい、といった違いで教育費が大きく変わってきます。

中には、「相性が合ったので、フィーリングが合ったので、」というところのみを重視されて、友情結婚をされ、結局離婚、、、というケースがあります。

離婚せずに友情結婚を続けられている夫婦は、やはり結婚前に色々話し合われています。もちろん、その通りに行くわけではないですが、「話し合って解決出来る相手かどうか」という見極めを交際中にできていたら、結婚後も何かあっても話し合っていけますよね。

カラーズにご相談にくる離婚経験のある方の中には、「騙されました!」と言われる方がいます。
でも私が思うに、それは騙されたのではなくご自身がちゃんと確認しなかっただけではないのでしょうか?

カラーズ以外で友情結婚活動をされている方からのお問い合わせもいただくことがあり、ご質問によっては友情結婚経験者で掲示板や無料登録サイトを使って結婚された経験者からのアドバイスをお伝えしたりしています。

後悔しないために!友情結婚経験者からのアドバイス事例2つ

  • 最初の時点でお互い身分証明書や独身を証明できる何かを見せ合うこと。
    →それを拒否するような方と結婚はできません。このことによって、結婚への本気度が分かります。
  • 結婚前には貯蓄や年収を見せ合うor見せてもらう。金銭感覚・価値観の確認
    →一番の揉め事はお金です。例えば、「共通口座に収入の30%を入れるようにしましょう」、と言っても収入の30%が具体的にいくらか分からないですよね。
    「家賃は折半にしましょう」と言っても、男性は家賃といえば20万ぐらいと思っていた。一方、女性は12万ぐらいと思っていた。そうすると、10万の負担と6万の負担では大きく変わってきてしまいます。

これって友情結婚に限らず恋愛結婚でもそうですよね。「恋人にする人と結婚する人は違う」というように、
恋人とはそんな真面目な話はしませんし、ドキドキや楽しさを求めます。逆に結婚する人は安らぎや安定を求めると言われます。

自分が何を大切にしたいか?何を確認できたら結婚を考えられるか?交際中の方は是非考えてみてください。

友情結婚で後悔しないために

最初のご結婚に失敗されて、再度良いパートナーに巡り会いたい方は是非カラーズへご相談くださいませ。
カラーズでご成婚された方で再婚の方ももちろんいらっしゃいますし、活動中の方もいらっしゃいます。
もう一度!と思われた方はぜひお越しください!

代表中村
著者:代表中村
恋愛結婚に違和感がある皆様に、友情結婚が新たな選択肢になるよう日々情報を発信しています。少しでも興味がある方は一度ご相談にお越しください。

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

無料で相談無料で相談
無料入会相談予約はこちら

無料入会相談では、当サービスのご説明とお客様のご要望を伺います。

6月30日(火)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約