結婚すると出世しやすい!?

1月31日、1月最終日ですね。
年明けてもう1ヶ月経過したの!?と少しびっくりです。

お客様とお会いしているとまだまだ年末年始のお話を聞くことが多いので、もう1月終わり?と思うのかもしれません。

なぜ年末年始のお話が多いのかというと、そのタイミングで結婚を意識する人が多いからです。
本日は別の「結婚を意識する時は?」をご紹介したいと思います。

一般独身男性、そしてもちろんカラーズ調のセクマイ男性のランキングにも必ず出てくるのが、

出世を意識しはじめて。

職場、業界によって関係ないところも少なくはないと思いますが、日本の多くの企業が、
結婚して一人前=信頼度が上がり出世する、が多いようです。

カラーズの男性会員様も同じことを言われる方が多いですが、すでに年収が高いのにどれだけステップアップするんだろう・・・と思う時もあります・・・。イコール向上心が高い会員様が多いという分析になるんですが、結婚していないと一人前として見られない、出世に関わってくるって寂しいですよね。
異性愛者の男性が言われるのと、セクマイ男性が言われるのとでは全然意味も変わってきますし。

 

とモヤモヤ考えていて、結婚と出世でいろいろ記事を見ていたらこんな記事を見つけました。

「男性は結婚すると出世しやすい」ってホント?
多く引用してしまいますが、一理ある、と思ったのでご紹介します。

■既婚男性のほうが出世する?
そうは言ってみたものの、周りを見回すと結婚している男性は、やはり独身の男性よりも出世する傾向があるように見えます。なぜそんなことが起きてしまうのでしょうか。

そのひとつの理由として、筆者は「態度の類似性」を思い浮かべました。私たちは喫煙行動や結婚観など、さまざまな事柄について自分なりの考え(態度)を持っています。この考え方が自分と似ているのか、違うのかというのは、相手に対する好意感情や判断に大きな影響を与えます(参考:Byrne&Nelson,1965他)。

出世するためには少なからず上司の引き立てが必要です。上司は仕事ができるだけでなく、人間性の好ましい人を選びたいと考えます。しかしこの「人間性」というのは、極めて曖昧な感性によってジャッジされる要素。悪気はなくても、自分と似た考え方の人を優遇してしまうということは、よくあることではないでしょうか。もしも皆さんの上司が結婚しているのであれば……残念ですが、独身の部下よりも、結婚している部下を高く評価してしまうということも大いにあり得るでしょう。
(参考:http://citrus-net.jp/article/13815)

いかがでしょうか??

自分のキャリアのため、会社での見た目のため、などの理由で結婚を意識する人は男女ともにたくさんいらっしゃいます。

異性愛者は一般婚活の門へgo!
セクマイ者は是非カラーズにご相談くださいませ!

カラーズ代表中村
著者:カラーズ代表中村
恋愛結婚に違和感がある皆様に、友情結婚が新たな選択肢になるよう日々情報を発信しています。少しでも興味がある方は一度ご相談にお越しください。
入会相談ご予約の方に限り、入会費最大50%OFF! ※ 2018年11月30日(金)まで
入会費が今だけ 最大50%OFF!
※ 2018年11月30日(金)まで