友情結婚夫婦の実態

ご無沙汰しておりました。カラーズのアドバイザーツバサです。

先日、カラーズの成婚者の懇親会に参加してきました。
(これはカラーズで成婚して卒業した方々が中心となり企画運営する会)

参加者合計17人(男8人・女9人)一人参加や夫婦参加など様々。

カラーズ卒業後に初めて会う方々、久しぶりに会う方、
みなさんのお顔が見れてとても嬉しかったです。
この仕事やっててよかったなぁと実感する時です。

みなさん以前にまして幸せで充実した雰囲気でした。

初対面でも卒業した人同士、
いろいろな共通点もあったり話題も個性も豊かで楽しい時間を過ごしておられました。

入籍した人、結婚式をした人、一緒に住み始めてる人、もうすぐ一緒に住む人、
それぞれいろいろな生活が見えてきました。

生きていれば問題がなくなることはありませんが、
結婚という一つの選択肢を選択し、
どんな形であれ、家族が増え、欲しかったものが得られた、
そんなみなさんの幸せそうな様子が伺えて嬉しいの一言。
愚痴すらノロケに聞こえてきます。

特にわたしが印象的だったのは、妊娠中の成婚者の方がいらしてくれていたこと。

カラーズではまだどなたからも妊娠のご報告がなかったので初めてでした。

女性の間では妊活の話しが盛り上がりました。
子供を希望していない方も、結婚の次に子供はつくらないのかと周りの雑音があるから、
情報として妊活のことは知っておきたいと言って頂いたり、
将来妊活をしようと思っている方にはリアルに良い情報収集の場となりました。

妊活に関するメンタル的な話しやキャリアダウンに関する話し、
仕事を続けたいと思っている女性にとっての妊娠出産育児というものは、
仕事との両立の葛藤、産みたいたいと思う年頃の時期は一番仕事を頑張りたいとも思う時期、
この部分ほんとに考えて悩んでいる人たくさんいます、どちらも諦めたくない。

産んですぐ戻ればいいじゃん。そう言う人もいますが、
そんなに簡単にいけばいいです、だが実際はそんな甘くない。

産んですぐ保育園見つかれば超ラッキー待機児童問題、
乳飲み子、生後1〜3ヶ月の子供弱いです、
預けててもすぐ熱出したりで仕事中であろうが呼び出されます、
会社に迷惑かけます、会社もそういう人に責任まかせられません。
子供が5歳くらいになるまではこれの連続。

そして、毎日保育園のお迎えがあるから、残業はもちろん出来ないし、
重要な接待やミーティングにも欠席せざるえない、本人が一番悔しい。

改めて女性の気持ちに向き合い、人生を応援したいと強く思いました。
もちろん男性の応援も!

ツバサ
著者:ツバサ
2014年にカラーズの代表中村と出会い、カラーズ立ち上げメンバーの一人として創業時期から関わる。 約3年間(2018年5月時点)で38組の成婚実績も積み順調に成果も重ねてきている。 心理カウンセリングやコーチングの経験を活かし、会員の方々の相談役としてそれぞれの方が希望するライフスタイル送るお手伝いをしていきたいと思っています。
入会相談ご予約の方に限り、入会費最大50%OFF! ※ 2018年5月31日(木)まで
入会費が今だけ 最大50%OFF!
※ 2018年5月31日(木)まで