プロフィールと自己PRの”NGワード集”

カラーズで会員様アドバイザーをしていますツバサです。

婚活成功の第一歩はプロフィール!魅力を引出す書き方

こちらブログでもご紹介しているように、
結婚相談所でのプロフィールの重要性はもう十分おわかりだと思います。

今回は、自己PRでできれば避けて欲しいと思う内容、
「プロフィールと自己PRの【NGワード】」についてご紹介します。

 

お相手に対する希望ばかり書いてしまう

自分のことはさておき高く望みすぎていないですか?自分はそれに相応しいですか?

お相手の年齢、年収、学歴、職業、外見、身長、体重など、高く望んでいると、相手から見て要求願望要が高い人だという印象を与えやすくなってしまいます。
もちろん希望は書いて悪くはありませんが、書き方や求め方が重要です。
書くことでお相手に誤解を与えて会えないより、
会ってから色々とお話しして相談して行くことが理想です。

自分と自分の理想にギャップがある場合、それをうめるために自分を磨き高めたり、
理想を自分と相応しい妥当ラインに下げたりとしっかりと自己分析する必要があると思います。

もしもお相手にいろいろと求めるのであれば、相手にばかり求めるのではなく、代わりに自分は何ができるかとか、そのために自分は何かしようとしていることなどあればより良い内容になると思います。

どうしても譲れない条件がある場合、後から言われても困るような内容は、
例えば「婿養子になってくれる人としか結婚できない」などは書いておいていただくことをお勧めします。

嫌という言葉を使う

こんな人は嫌とか、嫌いなネタを書くとネガティブな印象を与えてしまいます。それよりも好きなネタを書くほうが好印象を与えます。

相手を否定するような内容

セクシャリティや身体的な特徴や経歴・仕事・趣味・嗜好など、
これはお見合いの席でも同じくとても気をつけて欲しい内容です。
そんなつもりでないけど、つい思わず言ってしまった一言で、言った本人は気づかないうちにお相手を傷つけていることもよくあります。
好き嫌いはあって当たり前ですが、お相手のことを否定するような内容言動は避けましょう。

過去に囚われてばかりいるような内容

過去や現在についてのことばかり書く。
昔付き合った人や昔の思い出話とか、過去現在の嫌な話も良かった話も書き方が重要です。
「経験」として書くことはアピールとしていいと思います。
しかし、昔はこんなに良かった、悪かったという思い出話に浸るだけでは何もアピールになりません。
それから、今十分充実して楽しい生活を送っていて、何も困っていないなど、あたかも結婚しなくてもいいような、強がりにも聞こえる内容も、結婚の必要性を感じず魅力的には思えないのであまり良くないです。
過去ばかり見ていて、未来を想像できていない、将来の結婚をイメージしにくいとこの人に会ってみたいとは思いにくいです。

自分のことばかり書いて、お相手の方が登場しない内容

未来に向けて、登場人物は自分や自分の周りの人、もしくは未来の子供のことだけ書いていて、読む側の人がほとんど登場しない場合、相手に疎外感を与えてしまうことがあります。
読む側である結婚相手を意識していない、将来を想像できていない、
これにより将来の結婚をイメージしにくいとこの人に会ってみたいとは思いにくいです。

マイナスな印象を与える文章

例えば自虐的な内容、これらはわざわざ書かない、自分の価値を無駄に下げてしまうからです。

 

最後にまとめると、自己PRは自己アピールです、客観的に自分をプロデュースして、
他でもないあなたと会ってみたいと思えるかどうか、客観的に見て魅力的に仕上がることを意識してみてください。

ツバサ
著者:ツバサ
2014年にカラーズの代表中村と出会い、カラーズ立ち上げメンバーの一人として創業時期から関わる。 約3年間(2018年9月時点)で46組の成婚実績も積み順調に成果も重ねてきている。 心理カウンセリングやコーチングの経験を活かし、会員の方々の相談役としてそれぞれの方が希望するライフスタイル送るお手伝いをしていきたいと思っています。
入会相談ご予約の方に限り、入会費最大50%OFF! ※ 2018年11月30日(金)まで
入会費が今だけ 最大50%OFF!
※ 2018年11月30日(金)まで