会員様交流会に参加して思ったこと。

こんにちは、カラーズスタッフのケンです。先日、カラーズ初の試みである、会員様同士による交流会に参加してきました。

交流会は、男性会員・女性会員に分かれて開催され、交流会の中にカラーズで実際に成婚退会した方々にも参加していただき、ざっくばらんに意見を聞いたり交換したりすることができる会でした。
僕の個人的な感想になってしまいますが、感想を書いてみようと思います。

◆婚活中も結婚してからも悩みは尽きない

正直な感想を言ってしまうと、会員数に対して参加者が少なくて残念だと思いました。
僕は、今までのブログでも書いたと思いますが、婚活中同じように活動している仲間とがいたから、何とか結婚するところまでたどり着けたと思っています。
自分が優柔不断な性格ということもありますが、婚活中は悩むことが多かったです。

そりゃそうですよね。今まで婚活なんてしたことないのですから。分からないことや、悩むことがあるのは当たり前だと思うのです。そんな中、活動を共にしている仲間の話を聞いて、自分だけじゃないんだとか、他はこうしているんだという意見はとても大切で、参考になるものでした。

さらに結婚してからはもっと悩みというか、正解があるのかないのか、他の人はどうしているのだろうと思うことがたくさん出てきました。そんなときも、同じような活動をしている方々の話を聞くことがとても参考になったのです。

僕が結婚相手を探している時代は、カラーズのようなサービスがなかったので、オフ会に参加することも少なくありませんでした。そのため、必然的に知り合いが増えていったということもありますが、掲示板などの活動をしてきた人はきっと孤独に活動をして、一人で葛藤をしていたのだと思います。
カラーズではそれがないようにと、アドバイザーに悩みを相談したりできるサービスとなっているわけですが。。。。学校の先生に正論を言われてもなかなか納得できないのが人間だったりするもので、特にいままで社会で経験を重ねてきて、自分の考えに自信を持っている人に限って、アドバイザーの意見を真剣に聞けない人もいると思います。

そんな時、自分と同じ立場で、同じように活動している人の意見は、意外とすんなり入ってきたりするものです。
もちろん、お見合い相手の具体的な情報のやり取りをするのは、個人情報の観点からNGですが、自分の成功談や失敗談を話し合うのは、お互いにとってプラスになります。頭ではわかっていても言葉にすることで、人に伝えることで理解が深まることもあると思いますからね。

だから今後もこういう会があれば、同じ活動をしている知り合いを作って欲しいなぁと思います。

◆先の先を夢見すぎている?

交流会は、最初に簡単な自己紹介をした後は、基本的にフリーな会となっていました。
男性の会は、人数が比較的いましたので、立食形式で本当に自由に話をできるようにしました。最初は少し緊張していましたが、少しずつ話し声や笑い声も聞こえるようになり、最終的にはあっという間に時間が来てしまったというイメージでした。

なんとなく、成婚者の方々に意見を聞くことをメインにされている方が多かったようですが、会員同士で交流をしている方もいらっしゃり、開催できてよかったなと思いました。

女性の会は人数が少なかった為、着席でお茶会のような形で話が進みました。
こちらも最終的には話したりないといった雰囲気で時間が過ぎていきました。人数が少なかったこともあり、女性の会は一人一人の意見をみんなが聞くといった感じだったイメージです。

双方の会に参加して思ったことですが、皆さん、少し先の先のことを考えすぎているのかなと思いました。
将来的にはこうなりたい。こういう家庭を築きたい。という思いが強すぎるために、今目の前のことが不安になってしまい、どうしたらよいかわからなくなってしまっているのではないかと。

また、仕方ないことですが、きれいな・幸せな未来を創造しすぎているのではないかと思いました。もちろんそうあってほしいと思いますが、そこにたどり着くにはたくさんの努力があったり、切り捨てたものがあったりするのではないかと思うのです。
そういうことも、考えたうえで、自分はどうしたいのかを考えてほしいなと思います。

一番多い質問は、“決め手は何ですか”ですが、正直成婚者の方々もその質問は答えるのが難しいんです。答えたとしても、答えが、「そんな人たくさんいるじゃん」と思うような内容だったりして。。。その人その人それぞれで、これがまさに!みたいな決めてを伝えるのって難しかったりします。きっと一般の結婚相談所で結婚した人たちも答えるのは難しいのではないかなと思います。

◆なぜ結婚したいのですか

婚活は、とどのつまり「なぜ結婚したいのか」にたどり着くと思うのです。
皆さんなぜ結婚したいのかと聞くと、回答は結構簡単に出てきます。

子供が欲しいから、親を安心させたいから、世間体、生涯のパートナーが欲しいから。

それをもう一歩踏み込んで聞くと、一気に回答に詰まります。

なぜ子供が欲しいんですか?どうしたら親は安心してくれますか?結婚して世間からどう見られたいですか?生涯のパートナーは異性じゃなければいけないんですか?

婚活も結婚後の生活も続けるためにはモチベーションが必要です。そのモチベーションを維持するためには、なぜ結婚したいのかと突き詰めることはとても大切だと思います。

また、この人で良いのか不安だという人も多いと思いますが、正直ほとんどの人が不安の中で婚活や成婚後の生活を送っていると思います。
3か月だろうと6か月だろうと1年だろうと10年だろうと相手のことをすべて知ることなんてできません。すべて知ろうとしても無理なんですよ。だって違う人間なんだから。

自分が結婚したい目的に向けて、相手がどういう人であってほしいのか、そのために自分が何をしなければいけないのか、アドバイザーはもちろん、他の会員や成婚者の意見も聞きながら、自分なりの答えを見つけてほしいなと思います!

 

最後に・・・成婚者の一人が、交流会が終わった後に言っていたことがとても印象的でした。
「私も婚活中の時はそうだったけど、今考えるとたいしたことではなかったのかなぁ」と。
婚活中に悩んでいたことは、結婚後に考えれば、たいしたことではなかったなぁと結果論的に思ってしまうのかもしれません。
実際に会員の皆さんと同じように活動してきた方の意見だと思うとなんだか感慨深かったです。

少し偉そうな記事でしたが、今日はこの辺で。

ken
著者:ken
ゲイで友情結婚中。カラーズ設立メンバー
               2月28日(木)までご入会手続きされた方に限り、入会費用最大50%OFF!
2月28日(木)までご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!