友情結婚は恋愛結婚のようにうまくいかない?

こんにちは、カラーズ中村です。
今日は、「友情結婚だから、(恋愛結婚と違って)〇〇ですよね」とよく聞くフレーズについてお話ししたいと思います。

安心かつ効率良く友情結婚相手を探せる
カラーズに入会相談を申し込む

恋愛結婚至上主義からくる発言?

会員様や入会相談に来られる方からよくご相談いただくネガティブなお言葉をご紹介します。
「友情結婚だから、結婚生活はある程度気を遣わなきゃいけないですよね。」
「友情結婚だから、ある程度妥協しなきゃいけないですよね。」
「友情結婚だから、恋愛結婚と違ってある程度冷めた部分がありますよね。」

このようにお話しされる方は、恋愛結婚をとても美化されているように思います!恋愛映画やドラマのイメージが、一般的な夫婦だと思われているのかな?と。
そんなことありません!!「友情結婚だから、こう」というのは存在しません。夫婦一組一組多種多様で決まりはありません。恋愛結婚でもそうです。ラブラブな夫婦から、効率重視で協力しながら子育てしている夫婦、離婚したいけど子供が巣立つまで夫婦関係を続けている夫婦、どちらかが不倫している夫婦、熟年離婚する夫婦、老後も一緒に楽しんでいる夫婦、と。

友情結婚だからって中身に決まりはない

一つずつ説明していきたいと思います。

・「友情結婚だから、結婚生活はある程度気を遣わなきゃいけないですよね。」
恋愛結婚でも結婚相手に気を遣います。誰かと住んで全く気を遣わないというのは、なかなかないと思います。自分の親兄弟でも一緒に生活すると気遣いは必要ですよね。まさに、【親しき仲にも礼儀あり】が必要です。結婚生活がうまくいっている夫婦こそ感謝やある程度の距離感、そしてお互いを思いやる『気遣い』を大切にされていると思います。
「気遣い」も中身は様々。居心地の悪い気遣いから、心地よい「気遣い」。後者の気遣いをお互いができる関係を築いて欲しいと思います。

・「友情結婚だから、ある程度妥協しなきゃいけないですよね。」
妥協という言葉は好きではないですが、100%理想の相手と結婚している人はほんの一握りです。
(昔、何かの記事で妥協一切なしの100%理想の結婚をされたのは2%のみ、といった調査結果を見た記憶があります。)
相手の嫌な部分、理解できない部分は誰しもあります。友情結婚ではない一般の婚活をしている方とお話しすると、だいたいは相手の気になっているところの愚痴をよくお話されます。そして結局あれだけネガティブなこと言っていたのに!?という相手と結婚される人も少なくありません。好きで好きで気になるところは全くない、と結婚する人はかなりの少数派だと思います。芸能スポーツ業界でも、あんなにラブラブな感じだったのに、不倫!?離婚!?ってありますよね。私たちは他の夫婦の表面的な部分しか知りません。
恋愛結婚では、よく「好きだったところから嫌いになる」と言われています。例えば、「優しいところが好き」だったのがいつのまにか「優柔不断なところが嫌い、頼りないところが嫌い」だったり、「ご馳走してくれてケチじゃない太っ腹なところが好き」が「お金使いが荒いところが困る」になったり。このように、自身の考え方、捉え方が変わる人もいれば、変わらない人もいる。夫婦生活もうまくいく人はいくし、いかない人はいかない、恋愛結婚も友情結婚も変わりありません。
(最初から冷静に話し合い冊子を用いて話し合いを進めてきた友情結婚のほうがこの場合は建設的な関係を恋愛結婚よりも築き上げやすいのかなぁ、と思っています。)
結婚生活を続けていく上で、どうでもいい妥協点、外してはいけない妥協点があると思います。例えば一つあげるとしたら、話し合いができる相手かどうかは絶対妥協してはいけません。逆に妥協できる点は自分が希望する結婚生活において本当に大切か大切じゃないか考えると答えは出てくると思います。

・「友情結婚だから、恋愛結婚と違ってある程度冷めた部分がありますよね。」
恋愛結婚でも冷めた部分は大いにあります。日本の離婚率は過去最高。特に熟年離婚が多くなっていて、子供が巣立って夫婦2人でいることができなくなり離婚している夫婦が毎年何万組といます。全体の日本の離婚数は1年間で20万組も。
友情結婚だから上手くいかない、と決めつけて考えている人は、恋愛結婚をしても上手くいかないのでは。結婚生活を維持するために、お互いが結婚生活において努力することは変わりないです。
他人同士が一緒に生活するというのは、大変なことで覚悟がいることだと思います。それは恋愛しているしていないは関係ないと思っています。
冷めずに、お互いが刺激し合って楽しくするにはお互いの努力が必要です。

実は自分の結婚生活しか中身を知らない

先日、カラーズで成婚されて数年経過している成婚者の女性とお話ししていて、
結婚生活をしていて、他の夫婦と違うなぁと感じることはありますか?とお伺いすると、
「う〜ん、特にこれといってないかなぁ。というのも、他の夫婦の内情を知らないし、実際の結婚生活は自分達のことしか知らないから、違いが分からないです。」とおっしゃられていました。

逆に「友情結婚だからよかったと思う点はありますか?」とお伺いすると、「知り合いの既婚女性が、夫に性生活を求められるのが嫌になってきたけど、全く対応せず不倫されても嫌なので・・・みたいな話を聞くと、夜の性生活のことを考えなくていい友情結婚でよかったと思ったことがあります(笑)」とおっしゃられていました。

友情結婚を恋愛結婚と比較したときに人によってはメリットがあると思われる人もいます。夫に求められて嫌だという女性に、友情結婚の話をしたとしたら、楽でいいなぁ〜ってきっとおっしゃられると思います。恋愛結婚をしている人でも、隣の芝生は青い状態になるかもしれないのです。

友情結婚はどうしてもマイノリティの活動で、そして今日本は恋愛至上主義のような価値観になっているため、活動中にネガティブな方向に考えて悩む方は少なくありません。悩んで欲しくないということをお伝えしたかったんですが、、、なかなかお伝えするのが難しいし、恋愛結婚の願望が高い方ほど伝わらない;;

バツイチの方以外、みなさん結婚生活自体を経験したことなく初めてのことです。結婚はこうあるべき!と決めつけず、自分がしたい結婚生活を、それを一緒に叶えてくれる相手と結婚しよう!という思いで頑張って欲しいと願っています。

安心かつ効率良く友情結婚相手を探せる
カラーズに入会相談を申し込む
Avatar photo
著者:代表中村
恋愛結婚に違和感がある皆様に、友情結婚が新たな選択肢になるよう日々情報を発信しています。興味がある方は一度入会相談にお越しください。

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

安心・安全に出会える理由

よくある質問

10月31日(月)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約