セクシャリティや性別よりも大切なこと

こんにちは!カラーズスタッフのサリー富多です。
面談で色んな会員さまとお話しをしていて、男女問わずたまに出てくる話題があるのでシェアしたいと思います。

その話題とは「ゲイの方って○○ですか?」「アセクシャルの方はどう思うんでしょうか?」「女性だから料理するのは当たり前と思ってほしくない」「男性だから重い荷物を持つのは当然と思われたくない」などです。
セクシャリティや性別に対する一般的(個人的)イメージに当てはめて、その人を見る、見られるということですね。

実際にそう言われて嫌な思いをして、お見合いでお断りしたり、話し合いを終了した方もいらっしゃいます。
色んな方がいて、個性も価値観も考え方も様々。
だからこういうことを言われてしまうと「私自身を見てくれていないんだな」という気持ちになりますよね。
逆の立場で考えたら、つい言ってしまった方も気づいていただけると思います。

これから先の長い人生を一緒に作っていける人なのか?
何か問題が起きた時に、話し合って一緒に解決していける人なのか?
長時間一緒にいても、疲れずに自然体で楽しくいられる人なのか?
そこにセクシャリティや性別は関係ない。
大切なことは、その人自身を知ろうとすることかなと思うのです。

今日はちょっと辛口になってしまいましたが、とても大切なことなのでお伝えしました。
ひとつ一つの出会いを大切に、その人自身に興味を持って、見る、知る、話し合う。
そして目の前の人を大切に扱うことで、ご縁がつながっていくんじゃないかな〜と思います。

安心かつ効率良く友情結婚相手を探せる
カラーズに入会相談を申し込む
設立当初の2015年より多くの方の撮影やスタイリングを担当しているサリーさん
著者:サリー
カラーズでは、設立当初の2015年より多くの方の撮影やスタイリングを担当しています。その中から多数ご成婚カップルも出ています。また、2020年からは話し合い冊子作成サポートやお見合い練習、カウンセリングなど、実践やマインドのサポートもさせていただいております。

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

安心・安全に出会える理由

よくある質問

10月31日(月)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約