友情結婚とLGBT活動について

友情結婚とLGBT活動について

こんにちは、カラーズスタッフのケンです。
さて、今回は友情結婚活動者に見るLGBT活動についてというよりは、セクシャルマイノリティ活動について書いていこうと思います。

目次

◆決めつける人が多い気がする

この活動をしていてよく出くわすのですが、「〇〇〇しなければいけない!」とよくわらかないのに決めつけている人です。

  • 結婚しなければいけない。
  • 子供を授からなければいけない。
  • 同居しなければいけない。
  • 女が家事をやらなければいけない。
  • 男は働かなければいけない。

そもそも、友情結婚をしようと考えている人の多くが、世の中の「結婚して子供を育てないといけない」という、古臭い固定概念に縛られている社会に順応するためにこの活動を始めているのではないでしょうか?
もちろん、純粋に子供が欲しい、パートナーが欲しいと思っている人もいるかもしれませんが、それもきっと、社会が作った固定概念である「それが人間の幸せ」というものに少なからず捕らわれているからではないでしょうか??

再三言っていますが、友情結婚といっても恋愛結婚とやることについては大差はないと思っていますが、それこそ結婚する相手との決めごとについては、恋愛結婚に比べて固定概念にとらわれる必要はないと思います。
恋愛結婚よりも冷静に二人のより良い方法を検討できるわけです。

◆結婚相手以外との活動について

ゲイの方からとりわけよく聞かれるのが、結婚後のゲイ活動はどうしているのか?という質問です。
カラーズでは、ゲイ活動をあまりしてこなかった方が結構いるようですが、ゲイ活動をしてきた人からこの質問を受けることが多いです。カラーズなどの友情結婚の活動を経て、今までゲイ活動をしてこなかった方が、そういった活動を始めようとして聞いてくるケースもあります。

そういった方に多いのですが

結婚するのだから、外にパートナーを作ったり、ゲイ活動をしてはいけない!

と思っているようです。
もちろん結婚相手がそれを嫌がっているのであればだめですよね。そういった活動をしないで欲しいという条件で結婚をしたのであれば、その条件を守れないのは良くないことだと思います。
しかし、婚活中は自分が今後どんなゲイ活動をしていくのか。したいのかを考えて、それを相手に伝え(あまり赤裸々に伝えると引かれるかもです)理解してもらうことで、ゲイ活動をすることもできると思います。
これは本当に友情結婚ならではの考え方だと思いますが、そういった条件で結婚したのであれば、それは二人の間では「不貞行為」には当たらないと思うんです。
※法的には不貞行為とみられることともあるので、しっかりとした話し合いが必要です。

僕は結婚後もいわゆるゲイ活動は続けています。
結婚前に比べたらもちろん活動は盛んではなくなっていますが(年齢的なものもあるかもしれませんがw)ゲイ友達と飲んだり、飲み屋に行ったりなどの活動はもちろん、同性のパートナーを作ることもあります。

これは、結婚前にお互いが外にパートナーを作ることも了承しているからできることですし、結婚相手に迷惑が掛からないように、もちろん自分の同性パートナーにも迷惑が掛からないように注意することはあります。
※注意点について聞きたい方は・・・・仲良くなってからですねw

◆結局はどんな結婚生活を送りたいか!

カラーズでは「どんな結婚生活を送りたいのか」を常に会員の皆さんに問いかけています。理想は毎日変化していくかもしれません。その時の気分や状況によっても思うことは違うと思います。相手によっても、その理想は少しずつ形を変えていくでしょう。

子供を授かることを希望している。仕事も子育ても家事もしっかりやると考えている男性が、ゲイ活動をするというのは、物理的にかなり大変です。同性パートナーの理解も必要だし、もちろん結婚相手の理解がとても大切です。

それでも、活動をしたいと思っているのであれば、どんな結婚生活になるのか、具体的に考えてください。イメージしてください。そして必要な努力をしていきましょう。

理想の生活を手に入れるためには、たくさんの努力が必要です。
ただ、「決めつけ」でその理想をあきらめてしまうのはもったいない!もっと柔軟に固定概念に縛られずに、希望しているライフスタイルを手に入れてくださいね!

でわでわ

ケン
著者:ケン
ゲイで友情結婚中。カラーズ設立メンバー

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

無料で相談無料で相談
無料入会相談予約はこちら

無料入会相談では、当サービスのご説明とお客様のご要望を伺います。

3月31日(水)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約