はじめまして。名古屋支社担当のkeikoです。

はじめまして。名古屋支社担当のkeikoです。

はじめまして。カラーズスタッフのケイコです。
今後、名古屋支社をメインに活動してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。
自己紹介をさせていただきたいのですが、、、、、うーん。自己紹介って難しいですね;
お見合いでは自己紹介と写真がとってもとっても大切!とはよく言われておりますし、私もそう思います。
が、うーん。やはり難しい。かれこれPCの前に座ること2時間経過。。。
写真を撮ること数十枚。。。はい。後々はプロにお願いしようと思います。。。

拙い文章ではございますが、ご容赦ください。

目次

◆代表中村との出会い◆

私はもともと大阪出身、その後仕事で仙台にて初めての1人暮らしをしておりました。
スキルアップと地元に戻りたい気持ちがあり、関西の会社へ転職。
そこで中村と出会いました。
初印象は、、、、見下ろしてくるけど(背が高い)、可愛らしい女の子。
クシャっと笑って迎え入れてくれました。
皆に愛されているのですね。上から下までみーんなに。Arisa、アリサ、ありさぁ~と。
「あ、この会社のムードメーカー、看板娘的な存在だなぁ」と。すぐに認識、納得。
親しみやすいのに、とってもサバサバしていて。言いにくいこともサラッと言える。
こんなに嫌味なく、不快感を与えずにものを言える人ってなかなかいないんじゃないかなぁと思います。
あ、中村への愛が溢れてしまいました。。。私の自己紹介でした。

そんなこんなでもちろん中村とはすぐに打ち解け、仕事の話し、将来の話し、
生き方、色んなことを話していました。

◆カラーズの構想、離脱◆

カラーズのサービスが始まったのが2014年。
その数年前からサービスの構想は練られていたのですが、私はその当時に中村と一緒にあーでもないこーでもないと構想していた一人でした。

きっかけは、いつものように他愛のない話しをしていたときです。
中村も申しておりますように海外では(中村の住んでいたNYは特にでしょうが)LGBTの方が周りに沢山いらっしゃり、それが「普通」で何とも思っていませんでした。
私もアメリカ在住時には普通すぎて何も違和感なく暮らしておりました。
それが帰国後、LGBT情報などについてとても繊細に扱われているなぁと感じておりました。
そんな話しをどちらともなく話していたときに中村も「そうなんだよね!」と熱くなってきて。
私たちの周りは第一次結婚ラッシュが終わり、ちょうど第二次結婚ラッシュに突入する頃でした。
そろそろ「結婚」の文字も頭に浮かんだり、浮かばなかったり。
そんななかで「友情結婚」という言葉を知りました。

友情結婚は当事者だけが理解、納得、幸せであればよく、他の人に知られる必要はありません。
そこから、「ストレートの私たちだからこそできることがある」「私たちが表に立つことでできることがある」と、私たちは意気投合してカラーズを企画始めました。

当時はとても楽しかったです。毎日が充実していました。
もちろん余裕資金、知識、LGBTの人脈はなく、難しい事業に対する不安だけはたくさんありました。
それでも毎日新しい考え方や価値観、生活スタイル、応援してくださる方がいらっしゃることなどを知り、自分もどんどん自由になっていく気がして夢中になっていました。
しかし、私が結婚を機に名古屋へ引っ越し、不妊に悩んだ末の妊娠・出産などなど、転機のラッシュが続き、私は離脱しました。

それはもう後ろ髪がこれでもか!というほどひかれましたが、、、一時離脱を決めました。
それからは一ファンとしてカラーズを影ながら応援しておりました。

◆再加入となった契機◆

その後は極々一般的な主婦をしながら、少しだけカラーズのお手伝いをしておりました。
データをまとめたり、リサーチするのが好きなので、そこらへんのお手伝いを。
データをスキッとまとめて、条件、傾向を把握。
皆様の成婚率を上げるために、何かヒントは隠れていないかな、、、と。
実際に会員様にはお会いしておりませんが、影ながら思いを馳せておりました。

そんな平穏な日常のなか、2019年末にまさかの難病となりまして。。。
その半年後には100万人に1人の極めて稀な難病と合併症を引き起こし、
1か月間の緊急入院。主人と実父は主治医から覚悟を決めさせられたりと、生死を彷徨っておりました。
死神が肩に手をかけているとき(本当に右肩に死神がついている気がしていたのです)、頭の98%は子供のことでいっぱいでした。
残りの2%は主人、それとやり残したことへの後悔。
入院中は中村にとても励まされました。喋ることもままならない私は、他人との接触をほぼ拒否。
中村はその中で接点を持った数少ない仲間です。

入院中の私は明日の約束もできない、してはならないという強迫観念にとらわれておりました。
けれど、峠を越え医師に生きられると言われたとき、
「もう後悔したくない!やりたいことは今やる!今すぐやる!自分にできることはやる!」
と、強く思ったものです。
今もそう思っています。未来を考えられることは素晴らしいことです。

また、自己紹介から逸脱しました。。。

いまは寛解して、薬さえきちんと服用していればいたって元気です。
病的マイノリティではありますが、健常者と変わりません。
私にできることはやりたい。「子育てが落ち着いてから、、、今は忙しいから、、、」なんて、
考えが甘い。時間がない。
今の私は、今、現在、一日一日がとても大切です。
いつ病気が再発してまた倒れるかも知れません。今が何よりも大切です。
カラーズには以前から東京を筆頭にした関東に次いで、大阪、愛知の方からのお問合せを多くいただいていることは存じておりました。
私は愛知県名古屋市在住です。
私のやりたいことはいわずもがな。明確でした。

そしてこの度、名古屋にも拠点を置くことになりまして、
私も意識新たに本格的に活動していく運びとなりました。
2児の母としての経験、病的マイノリティからの不便な生活の経験を通して、皆様のお役に少しでもたてるように努めさせていただきます。
私は、自称「日本一友情結婚を希望するセクシャルマイノリティの方と直接話したノンケ」の中村でもないですし、「友情結婚当事者」でも「心理カウンセリング、コーチングの経験」もありません。

しかしご心配なさらないでください。大丈夫です。

何といっても、東京本社とは密に密に連携をとっております。
東京本社の精鋭部隊がすぐ傍に控えておりますので、皆々様には東京本社と遜色なくご安心して名古屋もご利用いただけると思います。

自分の未来を決めるのは自分しかいません。
そのご自分の希望する未来のお手伝いをできるよう、誠心誠意努めさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

名古屋でのお申込みはこちらからお願いします↓↓

入会相談予約(名古屋) | 友情結婚相談所カラーズ (colorusfsb.com)

名古屋支社KEIKO
著者:名古屋支社KEIKO
名古屋支社にて入会相談~ご入会手続きまでを主に担当させていただきます。代表の中村とは前職場(関西)で出会い、カラーズ設立前の事業構想案をともに立てておりました。結婚を機に名古屋へ引越し一線を退きましたが、設立後もデータ処理やリサーチなど微力ながら会員の皆様のお力になれるよう携わってきましたが、新たに名古屋支社を開設するにあたり本格的に皆様のお手伝いをさせていただく運びとなりました。

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

無料で相談 無料で相談
無料入会相談予約はこちら

無料入会相談では、当サービスのご説明とお客様のご要望を伺います。

9月30日(木)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約