はじめまして。友情結婚中のケンです。

カラーズスタッフのケンです。

この度、代表の中村よりブログライターとしての命を受け、初投稿させていただきます。拙い文章で読みにくい部分があるかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

初記事ということで、仰せつかったテーマは「自己紹介」

・・・とても苦手です。何を話せばいいのやら。。。。

日本人は自己紹介というか自己アピールが苦手な人が多いですよね。。。

婚活をしていく上ではそれじゃダメなのですが・・・。

では、頑張って自己紹介的なものをさせていただきます。

 

いわゆる友情結婚経験者です◆

いろいろとお話をさせていただく前に、自分がどんな人間なのかを簡単に説明させていただこうと思います。

セクシャリティはゲイです。ビアンの女性と友情結婚をさせていただき現在同居しています。

いわゆる『友情結婚経験者』のカテゴリだと思います。

経験者ということで、代表の中村と出会いお仕事をお手伝いさせていただくことになりましたが、それはまた別の話・・・・。

 

セクシャルマイノリティだけど子供が欲しい◆

なぜ、友情結婚をしようと思ったのかですが、婚活を始めたころのモチベーションとしてはこんな感じでした。

1位 子供が欲しい

2位 親を安心させたい

3位 世間体

活動を進めていく上で、考え方はいろいろと変わっていくのですが、

田舎育ちの自分は、「結婚して子供を育ててやっと一人前」という日本の古い慣習が当たり前と考え、そうしなければいけないのかな?

という強迫観念に近いものがありました。

なので、自分がセクシャルマイノリティであることに気が付いた後も、いつか結婚すると思っていました。

しかし、ノーマルの女性と結婚することにためらいがあった中で、友情結婚という言葉を知り、活動を開始しました。

 

本当に友情結婚成功者は存在するのか◆

自分が活動を始めたのは約10年程前になりますが、その時期は今のような情報はほとんどなく、活動するためのツールもありませんでした。

そもそも本当にそんな結婚をしている人が存在するのか?根本的なことに疑問を持ちながらの活動は、モチベーションの維持がかなり難しかったです。

さいわい、インターネットに接続できる環境が整っていたので、SNS内で友情結婚に関するコミュニティーを発見して、勇気を出してオフ会に参加したのが初めての活動でした。

そこで出会った人たちに掲示板などのツールを教えてもらい、地道な活動をしていきました。

結婚までの活動期間は5年程度ですが、自分の中では積極的に活動していた方だと思います。

 

毎日が新しいことの発見◆

実際の結婚生活は毎日が新しいことの発見でした。

他人と同じ屋根の下で暮らすことの大変さは、ある程度想像していましたが想像を超えるようなことは多々ありました。

結婚して数年経ちますが、やっとお互いのペースを掴み今はいい意味で落ち着いた生活を送れていると思います。

一般の結婚と違い、何をするにも『普通』というものがなく、誰かに聞いたり真似をするようなことができなかったので、都度話し合いをしてルールを決め、お互いのライフスタイルの確保に努めています。

今思えば、結婚前に話し合っておくべきだったことや、話し合ったはずなのにお互いが忘れてしまっていることが多くあります。

そんな経験をカラーズの中で、婚活をしている皆様に提供できるよう日々を過ごしております。

自己紹介ということですので、本当にサラッと自分の現状についてお話しさせていただきました。

今後は各トピックス毎に、深くお話しできるような記事を書いていきたいと思っております。

ken
著者:ken
友情結婚中
入会相談ご予約の方に限り、入会費最大50%OFF! ※ 2018年8月31日(金)まで
入会費が今だけ 最大50%OFF!
※ 2018年8月31日(金)まで