”恋愛する相手”と”結婚する相手”は違うってどういうこと?

こんにちわ。カラーズスタッフのケンです。

”その頃は日本にも秋という季節があった”
有名なアニメのセリフですが、最近は日本の秋という季節がとても短くなってきていますね。僕は暑いのが苦手なので、冬はウェルカムです。が、殿方の露出度が下がるのはいささかさみしくもあり・・・・。

さて、結婚相手への希望として、性的な部分以外は恋愛相手のような関係を望む人は少なくありません。もちろん理想的ではありますが、その求めている恋愛相手のような関係っていったいどんなものなの???

◆恋愛相手と結婚相手

「恋愛相手と結婚相手は違う」という言葉を世間一般的によく聞くと思います。友情結婚の観点からみると、まさにそうだなぁ~と思います。
もちろん、セクシャルマイノリティの方の中には、恋愛ができない方もいらっしゃいますが、その方も然り、恋愛と結婚は友情結婚にとって別物と考えるべきではないかと思います。

もちろん、友情結婚相手のことを好きになる方もいらっしゃると思います。それを否定するわけではありませんが、愛情がプラスされると、その分裏返しになった場合の憎悪も大きくなるので、いろんな意味で冷静な関係性を作れないのではないかと思うのです。

あくまでの持論ですので、絶対にそうというものではないですが

◆会員様にはいろんな方がいらっしゃいます

カラーズの会員様にはいろんな方がいらっしゃいます。
セクシャリティだけではなく、今までに恋愛経験のある方。恋愛経験がある方でも、相手が同性の方、異性の方、両方を経験している方。恋愛経験のない方、恋愛のできない方。恋愛という部分だけを切り取っても、本当にいろいろですね。

だから僕の意見ももちろんそんな中の一つの意見でしかありません。それを加味したうえでお話しします。

例えばゲイの人が、今まで男性と付き合ってきたけど、世間体や子供のことなどいろいろ考えて、友情結婚を目指したとします。結婚するからには、相手のことをちゃんと考えて“普通”の夫婦のように相手のことを愛して、子供を愛して幸せな家族を作りたい!

もちろん、そのためには男遊びもやめて、家族のためにしっかり働いていく。だから相手にも同じように自分を愛してほしいし、子供も大切にしてほしい。

そう思うことを否定するわけではないです。もちろんそうなれたら本当にいいですよね。

でも、よく考えてみてほしいのです。自分が好きなのは男性なのです。
同性を好きになること、それを受け入れることって結構大変だったと思うのです。それでも男性を好きになって、男性と恋愛を重ねてきたわけです。

確かに女性が嫌いなわけではないのでしょう。女性の友達も多いし、なんだったら女性とお付き合いしたことだってあります。だから僕は女性を愛することができる。だから相手にも愛してほしい。今まで付き合ってきた男と同じように、それ以上に、僕のことを愛してほしい。。。。。

書いていてすごい矛盾を感じています。
自分が本当に好きだと思った男性たちを超える恋愛関係を、自分が切り捨ててきた女性に求めるってことですよね??それってなんだかすごく矛盾してると思いませんか?

何度も言って気持ち悪いですが、そんな女性に会えたら、まさに奇跡なんだと思います。それこそ逃さずに絶対に結婚するべきだと思います。というか、それならゲイをやめてもいいんじゃないかと思います。

しかし、そんなの本当に奇跡です。その奇跡を待つのもよいです。それもまた人生。考え方ですから。明日その奇跡が起きるかもしれない。でも一生来ないかもしれません。それを待っている間に、どんどん年齢を重ねていくあなたは、どんどん市場価値が落ちていき、本当にそんな相手が現れた時には選ばれないような人間になっているかもですね。

こういう男性が、お見合いやお付き合いをした女性に言う言葉で特徴的なのが

「僕に興味がないようなのでお断りします」

え??お見合い相手のほとんどが、あなた(男性)に興味ないですから。そのうえでお見合いしてるんですよね?ていうかあなたは女性に興味があったんですか??だったらなんでゲイやってるんですか??

ゴホッゴホッ。はしたない言葉遣いになってしまいましたわ。ほほほほほ。

いろいろ言いましたが、それでもあなたが結婚相手に求めるのは、今までの恋愛相手と同じかそれ以上の相手ですか??
もしそうなら、これからも砂漠で砂金を探す作業を頑張ってください。

◆例えば逆に

カラーズには今まで恋愛経験のない方も多く入会されているようです。そんな方は恋愛や家庭に抱く理想が高すぎる傾向にあるように感じます。

男性には、女性にはこうあってほしい。そういう理想が高すぎて婚活がうまくいっていないという人もいるのではないですか??

今まで恋愛をしてこなかった人には、二通りいると思っています。
1.自分の殻に閉じこもって、外を向けなかった人。
2.世間一般から需要のなかった人。
ただ、結婚相談所(友情結婚に限らず)に登録する人で恋愛経験のない人の大半は2のほうじゃないでしょうか??

世間一般から需要のない理由は様々だと思います。外見・内面だけでなく環境などもあるでしょう。そういったことが理由で恋愛をしてこなかった人が、友情結婚に恋愛を求めてもうまくいくはずがありません。
だって、恋愛経験がないばかりか、妄想が膨らんでドリーム化しているからです。

ごめんなさい。僕はたぶん今ひどいことを言っているのでしょう。
ただ、こういった方々は今まで恋愛してきた人よりも良い面もあると思います。それは比べるものがないから、それが現実的なものではない理想だと理解することで、方向転換が容易にできるのです。

実際にアドバイザーの意見に耳を傾けて変われている人も多くいます。
時には厳しい現実を突き付けられることもあるかもしれませんが、それを受け止めて自分が変わることで、自分を理解することで先に進めることになると思います。

うーん
何が言いたいのかわからなくなってきましたが、友情結婚相手に恋愛を求めるのは難しいということ。そして、あなたの結婚の先には本当に”恋愛”が必要とされているのか。それをしっかり自己分析して、本当に必要なものは何かを考えてほしいということです。

あなたの考える恋愛は、一般的には恋愛と呼ばず”おままごと”というのかもしれないのです。でも、それは一般社会では教えてくれません。だから結婚相談所にはアドバイザーやスタッフがいて助言してくれるのです。素晴らしいシステムですよね。

あぁ~またながながとどうでもいいことを暑苦しく語ってしまいました。。。恥ずかしいw

でわでわ

ken
著者:ken
ゲイで友情結婚中。カラーズ設立メンバー
               12月31日(月)までにご入会手続きされた方に限り、入会費用最大50%OFF!
12月31日(月)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!