セクシャリティ・友情結婚を口外する??

セクシャリティ・友情結婚を口外する??

こんにちは、カラーズスタッフのケンです。
少し前に、友達の友達ということで、20代前半というか、今年から働きだしたという新社会人のゲイの子に会いました。その子は、会社でもセクシャリティをオープンにしているそうですが、親にはカミングアウトしていないそうで、実家で暮らしていても若干息苦しさを感じているんだそうです。

最近では、自分のセクシャリティにオープンな人が増えてきている傾向にあるんですかね?昭和な僕からすると、正直、新人類だなと思ってしまうのですが、そういう人たちはそういう人たちで、また違った悩みを抱えていることも知っているので、別に切り離して考えることもなく、面白いなと思いながら話を聞いています。
ただ、そういう考えの人たちに、友情結婚をしていることを話したら、きっと非国民扱いされるんだろうなぁ~。なんて考えている自分もいます。
そこで今回は、友情結婚を希望する人へ、自分のセクシャリティを誰かにカミングアウトをするリスクについて考えていただきたいと思います。

◆カミングアウトするということ

そもそも、僕はカミングアウトをする気が全くないです。
今までも何度も言っていますが、現段階でカミングアウトをすることに意味を見出せないからです。むしろ、カミングアウトをすることへのデメリットが大きいと感じています。
それについては、それだけで長い話になるので割愛します。ただ、僕が結婚相手を探している中で、カミングアウトをしていない人という条件がありました。

なぜカミングアウトをしていない人が良いと思っていたかというと、自分がカミングアウトすることに肯定的ではなかったので、同じ感覚である人が良かったというのが一つ。
もう一つは、同じ立ち位置でいたいというのがありました。

◆結婚相手がカミングアウトしているということ

結婚相手がカミングアウトをしているということは、その人のセクシャリティについて知っている人がいるということです。つまりそのカミングアウトされた人から、結婚相手である僕は、いわゆるマジョリティの人ではないと思われているんじゃないか?そう思ってしまうのです。

別に、レズビアンやノンセクシャルなどマイノリティの結婚相手がマイノリティであるとは限らないと思いますが、自分がカミングアウトをしないと決めたからには、どこからか自分のセクシャリティについて漏れる可能性があるというだけで、自分にはリスクになるのです。

更に掘下げて考えると、例えばせっかく結婚できたけど、離婚騒動で揉めるようなことになった場合、相手はカミングアウトしてセクシャリティをオープンにしているので、こちらがセクシャリティをクローズにしていることを逆手にとって、攻撃してくる可能性も考えられます。立派なアウティングになるので、訴えることもできると思いますが、そもそもその状況になることを望んでいません。

僕の場合はそんな理由でカミングアウトをしていない方を希望していました。

◆セクシャリティによっても違いがある

カラーズに来る方々には多様なセクシャリティの方がいらっしゃいます。
中には自分でもよくわかっていない人や、僕ですら聞いたことのないセクシャリティの方もいらっしゃいます。すべて自認ですので、それは否定するものでもおかしなことでもないと思います。

当事者の方に怒られるかもしれませんが、ノンセクシャルやアセクシャルの女性に、特にカミングアウトしている人が多いように感じています。もちろん、世の中全般にということではなく、親兄弟や近しい友達にだけという方が多いのかと思いますが。

これって、結局はセクシャリティに関する知識や情報が足りないがために起こる現象なんだろうなと思うんです。僕のようにはっきりと男性が好きだからゲイと自認できる人もいますが、アセクシャルやノンセクシャルについては、考え方も自認している内容も人それぞれです。僕(私)ちょっと人と違うかも?いや違わないよね?と悩んでいる中で、親兄弟や友達に伝えてしまっているのかもしれません。

もちろんそれそのものを否定しているわけではないです。仕方ないですよね。ほかに相談できる人もいなかったし、相談できる場所もなかったんですから。

しかし、僕のようにカミングアウトしていない人が良いと考える人もいるんです。
というか、たぶん友情結婚を希望するゲイの人の大半がそう思っているのではないかな?と思います。カミングアウトをしてセクシャリティをオープンにして生きている人はそもそも友情結婚を希望しないと思います。

すでにしてしまったカミングアウトは仕方ないです。
このブログを読んで、すでにカミングアウトをしているのに、それが足枷になるなら隠しておこうなんて思われると、それはとても困ります。
そもそも、嘘をついて結婚相手を探すなんて言語道断です!!

カラーズに入会するために、親に自分のセクシャリティをカミングアウトしてくるという人もいるらしいですが、そのカミングアウトって本当に必要なんですか?
自分へのけじめ?自己満足の世界ではないかと、僕は思ってしまいます。

親の理解がないと結婚がうまくいかないと根拠レスな考えを持っている人がまだまだいらっしゃるようですが、あなたが親に理解してほしいのはセクシャリティについてですか?セクシャリティについて親が理解してくれたのであれば、むしろ親は結婚を進めてこない気がしますが?
結婚することになった場合、もちろん親兄弟や親せきも巻き込んだ大イベントになります。その中では理解をいただかなければいけないこともたくさんあります。
寝室を別にしたかったり、妊活は最初から人工授精で行うなんてことを親に説明する場合は、理解を得られるような説明が必要でしょう。
ただ、それを「セクシャリティ」の一言で説明してしまうのであれば、そもそも友情結婚が選択肢だったのか・・・少し疑問です。

今、婚活を進めている方、これから婚活を始めようとしている方で、これからカミングアウトをしようと思っている方は、一度立ち止まって考えてみてください。
そのカミングアウトは、あなたの今後にとって本当にプラスですか?ただの自己満足ではありませんか?
カミングアウトをすることで、閉ざされる選択肢があるかもしれないということを考えて行動してほしいです。

ケン
著者:ケン
ゲイで友情結婚中。カラーズ設立メンバー

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

無料で相談無料で相談
無料入会相談予約はこちら

無料入会相談では、当サービスのご説明とお客様のご要望を伺います。

11月30日(月)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約