他人と一緒に生活するのはみんな不安

他人と一緒に生活するのはみんな不安

こんにちは、カラーズスタッフのケンです。
コロナ禍の中の活動は大変だと思いますが、皆様もどうか気を付けて活動してください。

目次

■他人との同居は不安

友情結婚を希望している方の中で、結婚後は同居を希望している人は多いと思います。世間体を気にしている、または子供を希望している人の多くは同居を希望することになると思います。(もちろん別居を希望する方もいらっしゃいます)

カラーズの会員さんの中でも、同居を希望する人は多いですが、そんな会員さん達から

「今まで1人だったのに、誰かと住むのって不安」

という声をよく聞きます。

はっきり言いますが、誰かと生活を共にするということは、本当に大変です。
細かいことは気にしないと思っている方も、実際に他の文化で育った人と生活を共にすることで、必ず気になることが出てきます。

小さいころから一緒に生活をしている親兄弟だって、同居していると「なんでこうなんだろう?」と思うことは少なくないと思います。他の人と生活を共にすることへの不安はあって当たり前だと思います。

ただ、忘れないでほしいのは、これは友情結婚に限ったことではありません。
いわゆる恋愛結婚で同棲を始めるときは、恋愛という脳内麻薬のおかげで不安がある程度緩和されるかもしれませんが、新しい環境に少なからず不安があると思います。

今までも言ってきましたが、友情結婚の活動の中で、友情結婚だから「特別」なことなど、ほとんどないのです。

■どんなことを不安に思っているのか

人間は目に見えないものを怖がり、不安に思う傾向があります。
突然来るかもしれない「地震雷火事親父」それに備えるために、保険に入ったり、安全な住居に住んだりしているのではないでしょうか?
大切なのは、何を不安(リスク)と感じているのか、その不安(リスク)への事前対応をどうするのかという準備ではないかと思います。

この記事はカラーズ会員限定です。
続きは会員のみがお読みいただけます。

会員の方はこちらからログイン
   
ケン
著者:ケン
ゲイで友情結婚中。カラーズ設立メンバー

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

無料で相談無料で相談
無料入会相談予約はこちら

無料入会相談では、当サービスのご説明とお客様のご要望を伺います。

3月31日(水)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約