婚活は就活のようなもの「結婚活動 その2」

婚活は就活のようなもの「結婚活動 その2」

こんにちは、カラーズの会員様アドバイザーYKです。

私はカラーズにご入会された方に、実際の活動前に面談を行っています。いろんなお話をさせていただくのですが、その中の一つが”婚活準備”です。

 

婚活の準備について先月のブログに引き続き、「どんな準備をして、ライバルの中からどうしたら異性に選んでもらえるのか?」についてお話していきたいと思います。

◆他の人より何か魅力的なこと◆

結婚相談所を利用して婚活をする場合、まずはプロフィールと写真でお相手を選びます。

例えが少々雑になりますが、自分を通販やネットショップで売っている商品に例えてみます。消費者はたくさん商品がある中から、商品の写真、性能、値段、これらを比較して自分に一番いいと思えるものに決めますよね。

一つの商品を”自分”だと考えてみてください。

自分は、たくさんある商品(=他の婚活中の会員)の中から相手に選んでもらうために、何か抜きん出る魅力が必要ですよね。

ということは、婚活においてはまず「写真、そしてプロフィールを魅力的な物にする」ことが結婚活動の第一歩です。自分の魅力を最大限アピールして異性に興味を持ってもらいましょう。

それでは、婚活のために絶対必要な最初の準備2つを具体的にお話させていただきます。

 

①お見合い写真

お見合い写真で大事なのは、

「結婚したら、この人とどんな生活を送るのだろう」というようなイメージできるということ。

気張ったスタジオ撮影ではなく、人柄が伝わってくる、自然な笑顔で会ってみたい話してみたいと思える魅力が出ていることが重要です。

せっかく撮るのでしたらスタジオ撮りや自撮りはあまりオススメできません。
スタジオは少し不自然に見えたり、固い印象だったり、その人の良さが伝わりにくくてもったいないからです。自撮りはラフすぎますし、出会い系のイメージがあり人間性の価値や信用性が低くなる印象です。

真剣さは信用につながりますので、出来れば写真はプロに撮ってもらう事をオススメします。

 

②プロフィール

事実を書くのですが見ている相手をイメージして書き込むことが大切です。

自分が結婚したいと思う相手はどんな相手を希望しているのか研究して、見え方を意識したプロフィール、相手から選んでもらえる自己PRで個性を表現してアピールすることが大切です。

就職活動だと、ただ履歴書を書くだけではなく、面接を受ける会社、そしてその面接官にどのように思われるだろう、と想像して書きますよね。それと全く一緒です。
例えば、会社が「チームを大切にする協調性がある人」を求めていたら、おそらくPR文には、「単独行動を好む」というような書き方をしませんよね。

婚活のPR文も同じで、自分が結婚したいと思う異性は、どのような異性を求めているのか?を考えてみてください。

過去に中村が婚活用の自己PRの書き方をブログでご紹介しているのでこちらをさらに読んでみてください。

婚活用自己PRの書き方②>>

婚活用自己PRの書き方②(結婚相談所での自己PR例文)

 

次回は婚活のために絶対必要な最初の準備のもう一つをお話しさせていただきますね。

YK
著者:YK
2014年にカラーズの代表中村と出会い、カラーズ立ち上げメンバーの一人として創業時期から関わる。 6年目で100組以上の成婚実績も積み順調に成果も重ねてきている。 心理カウンセリングやコーチングの経験を活かし、会員の方々の相談役としてそれぞれの方が希望するライフスタイル送るお手伝いをしていきたいと思っています。

キーワード検索

カテゴリー検索

作者別検索

無料で相談無料で相談
無料入会相談予約はこちら

無料入会相談では、当サービスのご説明とお客様のご要望を伺います。

11月30日(月)までにご入会手続きされた方に限り、
入会費用最大50%OFF!無料相談予約